武州下原刀 −康重−

刀 銘 山本内記康重   カタナ メイ ヤマモトナイキヤスシゲ

 この刀は、五代目以降の康重の作品と考えられますが、未だ確定には至っていない研究を要する資料です。四代目の康重以降の名乗りである「内記」と銘を刻んでいることから、工房作ではなく、何代目かの康重本人の作品でしょう。刀身に反りがほとんど無いことから、江戸時代の寛文・延宝頃の作品と考えられます。

作者 康重
製作年代 江戸時代
長さ 二尺二寸五分(684mm)
反り 二分九厘(9mm)

写真撮影(スタジオカナメ・要史康)