武州下原刀 −康重−

脇指 銘 下原住内記康重
ワキザシ メイ シタハラジュウナイキヤスシゲ

 この脇指は四代目康重、江戸時代初期の作品です。康重は四代目から銘に「内記康重」と名乗りを刻むようになり、この資料にも「内記」の銘が確認できます。四代目が没したのは、過去帳によると寛永十六年(1639)のことと記されています。新刀下原刀が隆盛した時代は、三代目から四代目・五代目にあたるこの江戸時代初期のことでした。

作者 康重
製作年代 江戸時代
長さ 一尺五分九厘(452mm)
反り 二分六厘(8mm)

写真撮影(スタジオカナメ・要史康)