武州下原刀 −康重−

刀 銘 武州下原住康重
カタナ メイ ブシュウシタハラジュウヤスシゲ

 四代目康重、江戸時代初期の作品です。この作品には刻まれていませんが、四代目から銘に「内記康重」と名乗りを刻むようになります。内記とは書記官のことですが、どのような経緯で内記と名乗ったかはわかっていません。四代目は三代目より早く没しているため、現存する作品は少ないです。

作者 康重
製作年代 江戸時代
長さ 二尺二寸三分(678mm)
反り 六分九厘(21mm)

写真撮影(スタジオカナメ・要史康)