武州下原刀 −康重−

刀 銘 武州住康重   カタナ メイ ブシュウジュウヤスシゲ

 三代目康重、江戸時代初期の作品です。三代目の康重から徳川時代となり、下原鍛冶は後北条氏と同様の庇護を幕府から受けました。 現在残されている資料には、徳川家康の「康」をもらい「康重」と名乗ったと伝えるものがあります。徳川幕府への対応の為か、後北条氏との関係を伏せたのでしょう。

作者 康重
製作年代 江戸時代
長さ 二尺二寸九分(695mm)
反り 五分九厘(18mm)

写真撮影(スタジオカナメ・要史康)