武州下原刀 −康重−

脇指 銘 武州住康重   ワキザシ メイ ブシュウジュウヤスシゲ

 天正時代の二代目与五郎康重が製作した脇指です。江戸時代以前の刀剣類のことを古刀と呼びます。 古刀時代の下原刀は、刀身の部分に連続した渦巻き模様が現れるのが大きな特徴です。これを「下原肌」と呼びます。この脇指にも下原肌が確認でき、戦国時代以前の刀剣であることがうかがえます。

作者 康重
製作年代 室町時代
長さ 一尺七寸二分(523mm)
反り 五分二厘(16mm)

写真撮影(スタジオカナメ・要史康)