武州下原刀 −康重−

脇指 銘 康重   ワキザシ メイ ヤスシゲ

 二代目康重の作品で、薙刀を脇指に直したものです。二代目の康重は天正時代を中心に活躍した刀工ですが、この二代目にあたる人物として「藤右衛門」と「与五郎」の二人の康重が在銘の刀剣から確認されており、現在の研究ではともに二代目康重とされています。この脇指は与五郎康重の作品です。

作者 康重
製作年代 室町時代
長さ 一尺八寸五分(563mm)
反り 七分五厘(23mm)

写真撮影(スタジオカナメ・要史康)