武州下原刀 −康重−

刀 無銘   カタナ ムメイ

 この刀は、もともと二尺五寸を超える長寸の太刀だったのでしょう。摺り上げられ銘が消えていますが、作風や形状から初代康重の作品と考えられます。

 下原鍛冶の始祖は「周重(ちかしげ)」ですが、二代目の周重が小田原の後北条氏三代目の北條氏康の「康」をもらい、初代康重となりました。これは室町時代のことで、この刀も同時代の製品です。

作者 伝康重
製作年代 室町時代
長さ 二尺二寸九分(695mm)
反り 六分六厘(20mm)

写真撮影(スタジオカナメ・要史康)