過去の催し物


企画展示「武州下原刀の世界」<終了しました>

 武州下原刀は、武蔵国多摩郡の下恩方村・横川村・慈根寺村など、現在の八王子市内に散在した下原鍛冶が作った刀剣類です。下原鍛冶は武州唯一の刀工集団で、室町時代から安土桃山時代には後北条氏の、江戸時代に入ると徳川家の庇護を受けてその御用を勤めました。

 福生市郷土資料室では武州下原刀を多数所蔵しています。この多くは平成11年に文化庁から全国の公立博物館・美術館に譲与された赤羽刀といわれる刀剣類です。郷土資料室ではこの中から武州下原刀を中心に研磨、修理を行っています。

 今回の展示会では郷土資料室で所蔵する武州下原刀とともに、個人所蔵の貴重な資料も同時に展示します。また刀剣の製作工程に関する資料も展示します。多摩地域で製作された刀剣の数々を是非ご覧下さい。
 なお、期間中に一部資料の展示替えを行います。

武州住康重
(安土桃山時代・脇指)
開催期間 2015年10月3日(土)〜11月23日(祝)
 前期 2015年10月3日(土)〜10月25日(日)
 後期 2015年10月27日(火)〜11月23日(祝)
休館日:月曜日(10月12日、11月23日は開館)、10月13日(火)
場 所 福生市郷土資料室
お問合せ 郷土資料室(530-1120)

『鎮國至宝 新刀銘鑑』

▼企画展示関連事業①「刀剣研磨実演会」<終了しました>

 刀剣研磨師春藤秀樹氏による研磨の実演を行います。

日 時 2015年11月1日(日) 午後2時〜3時
場 所 中央図書館2階学習室
※ご予約は不要です。直接会場へお越しください。
お問合せ 福生市郷土資料室まで電話(042-530-1120)でお願いします。
※月曜日休館(月曜日が祝日の場合、火曜日休館)

▼企画展示関連事業②「下原刀製作工房見学会」<終了しました>

 下原刀の現代刀工佐藤重利氏の工房をバスで見学に行きます。

日 時 2015年11月21日(土) 午後1時30分〜4時30分(予定)
集合場所 福生市郷土資料室
定 員 先着20名
康重(室町時代末期・脇指(薙刀直し))