過去の催し物


企画展示「中西悟堂と西多摩」 <終了しました>

 中西悟堂は、日本野鳥の会の創設者で、「野の鳥は野に」を標語に、鳥類を保護する運動を起こした人物です。また詩人・歌人としても知られています。

 悟堂は、昭和19年(1944)からの数か月間を福生で、戦後の数年間を二宮(現あきる野市)で過ごし、その活動には西多摩地域との結びつきがありました。

 今年は中西悟堂の没後30年にあたります。郷土資料室で所蔵する原稿や著作物などの資料を通して、悟堂と福生や西多摩地域との関わりを中心にみていきます。

開催期間 2014年4月19日(土)〜6月22日(日)
休館日月曜日(月曜日が祝祭日の場合火曜日)
場 所 福生市郷土資料室
お問合せ 郷土資料室(530-1120)
中西悟堂