ニュース


企画展示「西多摩の埋蔵文化財展」

 西多摩地域には、多くの遺跡が発見されており、多数の土器や石器が出土しています。

 しかし、それらの出土遺物を見られる機会は限られています。

 今回の企画展示では、西多摩4市(青梅市、福生市、羽村市、あきる野市)の共催により、各市で出土した代表的な縄文土器等の出土遺物を展示し、その時代の暮らしに焦点を当てていきます。

 埋蔵文化財を通して西多摩地域の歴史を知る機会となりますので、ぜひお越しください。

展示ポスターはこちら(PDF:3.6MB)>>

開催期間 2018年1月27日(土)〜4月15日(日)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合、翌平日休館)
場 所 福生市郷土資料室
お問合せ 郷土資料室(042-530-1120)
福生出土の人面土器
人面把手(福生市 長沢遺跡)

西多摩出土の人面土器など 左:顔面突起(青梅市 駒木野遺跡) 中央:片目の顔面把手(あきる野市 二宮・二宮森腰遺跡) 右:西多摩最大級の土偶(あきる野市 草花遺跡) ※サイズ比は実物とは異なります。

西多摩出土の土器など 左から 深鉢型土器(青梅市 駒木野遺跡)/深鉢型土器(あきる野市 二宮・二宮森腰遺跡)/深鉢型土器(羽村市 山根坂上遺跡)/蛇体把手のある深鉢形土器(福生市) ※サイズ比は実物とは異なります。