ニュース


企画展示「近代の情景―森田浩一の日記・絵画・写真から―」

 森田浩一は、明治24年(1891)に熊川に生まれました。東京府立第二中学校から東京帝国大学に進学し、米国へ研究留学した学生時代を通して、多くの日記、絵画、写真を残しています。

 これらの資料は個人的な記録にとどまらず、当時の生活や風景を知るための貴重な資料ともなっています。

 今回の展示ではこれらの資料から、福生の明治・大正期の生活や風景を紹介します。

展示ポスターはこちら>>

開催期間 2017年4月22日(土)〜2017年7月9日(日)
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合、翌平日休館)
場 所 福生市郷土資料室
お問合せ 郷土資料室(530-1120)
多摩川の筏流し(明治40年代) 森田浩一の日記(写真を写す) 森田浩一の日記 日光橋と桜