お問い合わせ

福生市郷土資料室

〒197-0003 東京都福生市熊川850-1
電話 042-530-1120 FAX 042-552-1722

埋蔵文化財の取り扱いについて

 埋蔵文化財とは、土の中に埋もれている文化財の総称です。これらが埋蔵されている土地を「埋蔵文化財包蔵地」、または単に「遺跡」と呼んでいます。

 福生市内には、現在まで19か所の遺跡が確認されています。

 これらの遺跡は、日本の歴史や地域の歴史を知る上で、かけがえのない文化遺産であるとともに、地域の生活環境を構成する重要な要素の一つです。また、これらの遺跡は国民共有の財産であり、私たちが、未来に伝えるべく先人から受け継いだ貴重な財産です。

 そのため、文化財保護法では、遺跡の保存・保護のために遺跡内での土木工事や建築等を行う場合には、必要な手続きを定めています。

▼埋蔵文化財の問合せ

 問合せは、福生市郷土資料室(教育委員会事務局生涯学習推進課文化財係)にて受け付けています。開発行為を行う場所が埋蔵文化財包蔵地に該当するかどうかの確認は、電話でも受け付けています。開発行為を行う場所が埋蔵文化財包蔵地との境界付近の場合には、図面による確認や現地確認が必要となる場合もありますので、その場合には郷土資料室までお越しください。

 なお、埋蔵文化財包蔵地に該当する場所での開発行為には、届け出が必要となります。まずは福生市(文化財係)へ照会文書の提出をお願いいたします。

照会文書(ワード版)

 遺跡の大まかな場所は、次のリンク先から確認することができます。ただし、実際の遺跡の範囲とずれていることがあります。詳しくは、郷土資料室までお問合せください

 埋蔵文化財の取り扱いについての詳細は、郷土資料室(文化財係)で配布している「埋蔵文化財保護の手引き」をご覧ください。

博物館実習の受入について

 福生市郷土資料室では、博物館に係る人材育成と博物館活動の普及を行うため、学芸員資格の習得を希望される方に対して、実習の機会を提供しています。

 実習を希望される方は下記の案内をご覧のうえ、お申し込みください。